So-net無料ブログ作成
検索選択

ダークスカイズ [映画]

「ダークスカイズ」を観てきました。

閑静な住宅地に暮らす4人家族の家で、
次々と奇妙な出来事が起きる。
その謎を解明しようと家中に監視カメラを取り付けた。
カメラに映ったモノは?というストーリー

もう少し続くかな?というところで終わってしまいました。
予想とは違う展開だったのですが楽しめました。

評価:★★★☆☆

ポゼッション [映画]

ポゼッション」を観てきました。

ガレージセールで買ったアンティークの木箱。
その箱を開けた娘・エミリーの様子がおかしくなっていく。
悪魔が封じ込められていた箱だと突き止めた父親。
エミリーを悪魔から救うことができるのかというストーリー

不要なシーンが少なく、サクサクと物語りが進むので観やすかったです。
実話に基づいた映画ということでしたが、
ラストのラストは映画的な終わりかたで、ちょっと残念でした。

評価:★★★★☆

シュガー・ラッシュ [映画]

シュガーラッシュ」を観てきました。

ゲームの悪役キャラクターのラルフ。
ヒーローになりたくて自分のゲームの世界を飛び出し、
レースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界へ。
そこで不良プログラムのため、レースに出場できないヴァネロペと出会う。
ヴァネロペを助けて、ラルフはヒーローになれるのかというストーリー

日本のゲームキャラクターも登場して楽しかったです。
本編上映前の短編映画も、ほのぼのとした映画で、
「シュガー・ラッシュ」は最後の最後まで楽しめる映画でした。

評価:★★★☆☆

ドラえもん のび太のひみつ道具博物館 [映画]

ドラえもん のび太のひみつ道具博物館」を観てきました。

ドラえもんの鈴が怪盗DXによって盗まれてしまう。
ひみつ道具博物館に手がかりがあると分かり、ひみつ道具博物館へ。
ドラえもんとのび太は怪盗DXから鈴を取り戻すことができるのか。というストーリー

ドラえもん映画を観るのは9年振り。
懐かしい「ひみつ道具」が出てきて楽しいけど、
少し盛り上がりに欠けるかなと思いました。

評価:★★★☆☆

キャビン [映画]

キャビン」を観てきました。

週末に山奥の別荘バカンスを楽しむ男女5人。
古い日記に書かれていた呪文を唱えたのが惨劇の始まりだった。
しかしそれは、ある組織によって仕組まれたものだった。というストーリー

これまでの映画のパターンと、ちょっと違うなと思いながら観ていました。
後半はゴチャゴチャし過ぎな気がしました。

評価:★★★☆☆

ドリームハウス [映画]

ドリームハウス」を観てきました。

都会での仕事を辞め、郊外で家族と暮らすことを決めたウィル。
静かに幸せな生活を過ごすはずだった。
郊外に購入した家は、過去に一家が惨殺された家だった。
家の周りに不審な人物が出没するようになり、自ら調査を始めるウィルだったが……というストーリー

予告編を観て、結末を予想していたのですが、
途中までは予想通りでした。

評価:★★★★★

ATM [映画]

「ATM」を観てきました。

パーティーの帰り、駐車場にあるATMに立ち寄った男女3人。
突然現れた謎の男によって、ATMから出られなくなる。
外の気温は氷点下13度。
暖房を壊され、凍える3人。
謎の男の目的は……というストーリー

ミスリードには騙されませんでしたが、
謎の男の目的が分からずイライラしました。

評価:★★★☆☆

[アパートメント:143] [映画]

アパートメント:143]を観てきました。

ホワイト一家は心霊現象に悩まされていた。
それは妻が亡くなってから始まり、アパートメントに引っ越しても収まることはなかった。
原因の究明を超心理学科学者チームに依頼。
部屋中にカメラやセンサーなどを設置して、調査を開始するというストーリー

モキュメンタリー映画なのですが、不要だと思うシーンは少なく、テンポよくストーリーが展開しました。
驚かすシーンが分かりやすかったのは、ちょっと残念でした。

評価:★★★★☆

宇宙刑事ギャバン THE MOVIE [映画]

「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」を観てきました。

宇宙物理学研究開発機構が宇宙犯罪組織マクーの残党に襲われた。
二代目ギャバンが戦っている間に、重要なデータが盗まれてしまう。
ドン・ホラーを蘇らせようと着々と計画が進むなか、
二代目ギャバンこと十文字撃の幼なじみの河井衣月がさらわれてしまう。
幼なじみを助けだし、ドン・ホラーの復活を阻止することができるのかというストーリー

少し盛り上がりに欠ける感じでした。
今回は二代目が主役なのでしょうがないかもしれないけど、
初代の見せ場がもう少しあると良いのになと思いました。

評価:★★★☆☆

121025_1355~20.jpg

推理作家ポー 最期の5日間 [映画]

「推理作家ポー 最期の5日間」を観てきました。

エドガー・アラン・ポーの小説を模倣した殺人事件が発生。
警察の捜査に協力することになったポー。
仮面舞踏会の会場から恋人エミリーが連れ去られてしまう。
エミリーを助けだす手がかりは殺人現場に……。
その謎を解いて、エミリーを助けだすことができるのかというストーリー

公開直前まで、ノーチェック映画でしたが面白かったです。
ただ、冒頭でラストに触れるシーンはないほうが良かったと思います。

評価:★★★★☆

121015_2033~00.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。